TOONZハーレクイン7.1ヘようこそ







Toonzハーレクインは、従来のアニメーションとペーパーレスのアニ メーションが出会う場を作り出します。

新バージョン7.1は、アニメ制作での生産性を高める、新しいツールの数 々をご提供致します。

Toonzのインターフェースでは日本語の使用が可能です。





高い生産性

    Svnのサポート
    制作フォルダのブラウザ
    ドラッグ&ドロップで、複数のファイルとフォルダを読み込める
    ラスター、ベクター(swf e SVG)、両方の画像で操作が可能
    インプットやアウトプットの時、豊富なフォーマットが選択できる
 ECMAScriptの機能搭載
 画像へのアンチエイリアスの付加や修 正


 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          


作画と修正

    全てを備えた作画機能
    豊富な作画ツールと修正機能
 様々な使用目的に対応した選択ツール(例えば、輪郭線選択モード)
    感圧入力(タブレット使用時)
    線のグループ化(ベクター)
    点の自動内挿(ベクター)
 線の太さの変更 と内挿(ベクター)
    様々な形のオニオンスキン
    ロトスコープが簡単にできる
    ラスターからベクターへの変換
 二値化のフルカラーラスター画像から Toonzラスターレベル(TLV)への変換
    スキャンと線のトレース
    内蔵ドライバーとTWAINによるスキャン機能
 アンチエイリアスの画像を追加、またはアンチエイリアスを変更


 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          


        



彩色


    4096 indexレベル(フルカラー)までのカラーパレット
    カラーインデックス:カラーパレットの変更だけで、全画像の色が自動的に変更できる
    スペシャル・スタイル
    色をスタジオパレットと接続できる
    スマートなカラーモデル
    組線機能
    新規レベルを、既存のToonzラスターレベル(TLV)に結合できる フレームの幾何学的変化と時間的変化を自動的に処理
    自動彩色機能
 Toonz ラスターレベル(TLV)でのカスタム・テクスチャ


 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          


     



コンポジット(撮影)




    カスタマイズできる画面
    アニメーションを最初から最後まで細かくコントロール
    サブタイムシート機能
    カメラとエフェクトと設定をブロック図で表示
    エフェクトを直接コントロールできる
    オブジェクトや線などをグループ化できる
    カメラの位置を三次元で移動が可能
    セル画を三次元で移動が可能
     様々な数学的変換機能
 豊富な種類のエフェクト(例えば、パーティクルやシェーダ等)を収納トゥーンズ・パレットのエフェクト(tlv-pliレベル)
    マクロとプリセットのエフェクト
    パーティクル・システム
    曲線の編集
    数学的指示
 プラスティック・ツール:オブジェクトを変形させ、アニメーションを作る。メッシュを作製し、変形させることができる。頂点を使って 回転させることもでき る。
    フック・ツール フック・ツール: ひとつのオブジェクトと別のオブジェクトを合体させる。またはコラムの動きを自動的に計算する。


 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          

音付け

    サウンドトラック機能


プレビューとレンダリング

    プレビュー機能

    プレビューウィンドウ
    エフェクトのプレビュー
    レンダリングのパラメータにより様々な選択が可能
    パラレルレンダリング
    レンダーファーム
    3Dレンダリング
 Toonzラスターレベル(TLV)、Toonzベクターレベル(PLI)、ラスターフルカラーの、豊富なフォーマットへのエクス ポート


 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          


     

従来のアニメーション制作の流れ



   

従来のワークフロー


    ペーパーレス作画: いくつかの絵や、アニメーションを構成する要素は、Toonzに直接描かれます。
    スキャン: 紙に描かれた絵はスキャンされ、線がトレースされ、Toonzラスターレベル(TLV)に変換されます。
    カラーモデル(色の設定): Toonzで作画した絵、スキャンされToonzにとり込まれた絵、そして外部ソフトからの絵は、色見本として使用できます。
    インク&ペイント: 全ての原画と動画は、色の設定を基に彩色されます。
    コンポジット(撮影): 彩色された原画と動画は、タイムシートに読み込まれます。他の画像やアニメーションやムービー映像もタイムシートに読み込むことができます。カメラワーク やエフェクトも付けることができます。
    レンダーファーム: 完成したカットはレンダリングされます。好きなフォーマット、大きさにレンダリングできます。



ワークフローの例


schema

TOONZ_ドゥロー, TOONZ_トレース TOONZペイント を使用したワークフローの例


1.  プリプロダクション
    Toonzはプリプロダクションのためにも、効果的なツールをご用意しています。
    絵コンテやアニマティックの作成にはストーリープランナー。紙に描いたアニメーションをすばやくテストするにはラインテスト。
    両プログラムとも、Toonzハーレクインと互換性があります。


2.  作画
    作画をするには、TOONZドゥローのライセンスをお使い下さい。作画と編集のツールがすべて揃っており、ベクター描画(PLI)とラスター描画(TLVとフルカラー)両方のサポートを行います。

3.  スキャンとトレース
    紙に描かれた原画や動画は、TOONZトレースのライセンスを使って、スキャン、トレースされ、Toonzラスターレベル(TLV)に加工されます。

4.  仕上げ
    Toonzラスターレベル(TLV)に加工された絵は、TOONZペイントのライセンスにあるペイント・ツールを使って、手動でも、自動的にも色を塗ることができます。

5.  撮影
    TOONZアニメーションのライセンスでは、ステージ、カメラ、カメラワーク、エフェクト(効果)を加えてシーンが出来上がります。
    レンダリングのための豊富なオプションがあります。

6.  ポストプロダクション
    レンダリングされた完成シーンは、編集とポストプロダクションへの準備ができました。

RETASのワークフローのためのライセンス体系




tutorial


TUTORIAL DRAW


CLICK TO WATCH












TUTORIAL TRACE


CLICK TO WATCH












TUTORIAL PAINT


CLICK TO WATCH












TUTORIAL ANIMATION


CLICK TO WATCH












ライセンス


Toonz Harlequin(トゥーンズ・ハーレクイン) 7.1は、用途に応じて様々な形でご利用いただけます。価格の異なった様々なライセンスをご用意しております。 ご利用いただけるライセンス :

    Studio(スタジオ): 完全版:全ての機能が揃っています。
    Camera & Render(カメラ&レンダリング): カットの撮影とレンダリングに必要な機能が揃っています。
    Scan & trace(スキャン&トレース): スキャンと線の清書(クリンナップ)ができます。
    Trace(トレース): スキャン、トレース、ベクターへの変換、そして編集ができ ます。
    Ink & Paint(インク&ペイント): スキャン、トレース、作画、彩色、そしてアニメーションができます。
    Ink & Paint Lite(インク&ペイント ライト): スキャン、トレース、作画、そして彩色ができます。
    Paint(ペイント): 彩色機能とパレットのエフェクトが使えます。
    Draw(ドゥロー): 作画と編集ができます。
    Render(レンダー): レンダーファームのみです。



下記の表をご参照下さい。




 Toonz ハーレクイン7.1の最新機能、または改良された機能          




必要条件



   インテル® Core™ プロセッサ
   Microsoft® Windows® XP、Vista®、Windows® 7、またはWindows® 8
   4GBのRAM
   80 MBのハードディスク容量
   1280×1024ピクセル以上の画面解像度
   64 ビットOSバージョンと64 ビット プロセッサを使用すれば、このソフトのパフォーマンスは非常に良くなります*。

   Intel®プロセッサ
   Mac OS® X 10.6、またはそれ以降
   4GBのRAM
   130 MBのハードディスク容量
   1280×1024ピクセル以上の画面解像度
   64 ビットOSバージョンと64 ビット プロセッサを使用すれば、このソフトのパフォーマンスは非常に良くなります*。